background_image
title
LUMINOVAグループは、東京、メルボルン、ロンドンにオフィスを置き、3次元可視化システムの開発、視覚化ソリューションの提案、3DCGコンテンツ制作を通じて≪情報の可視化・共有化・資産化≫を、産業分野を問わずに世界のお客様に対して実施してきました。また、LUMINOVA JAPANは2004年に日本に設立されました。日本国内で弊社が取り扱う3DCGの要素技術は、現在全世界に1,000万ライセンス以上を提供されCAD、DCC、CGツールでの世界トップシェアを誇るデファクトスタンダードとして、皆さまの3次元可視化業務に関わる技術支援を実施させて頂いています。合わせてドイツNVIDIA ARC社(米NVIDIAグループ)の全製品を取り扱う国内唯一の総営業代理兼ビジネスパートナーとしても、日本の民間市場に参入させて頂いております。 一般的に3Dモデリングやレンダリング、解析などは一部の非常に技術力が高く、CAD/CAM/DCCなどの高度で複雑なソフトウェアを使える人たちだけが利用することができる領域のものでした。これらのソフトウェアは技術の発展とともに日増しに複雑になるばかりでなく、コンピュータの計算能力も増幅の一途をたどり、より幅広い分野での利用促進を阻んできました。 弊社は<3次元可視化の要素技術 OEM開発・販売、クラウドライセンスの販売・システム開発> と <3DCG制作部門> を同時に有し、世界最先端の技術力を持つこの両部門が連携をしながら、今までお客様ができなかった3次元データの構築から、それらデータの有効活用を促し、非常に高精度、高密度且つ、高度な情報資産を写実的な3DCG画像でお客様のビジネスニーズに合わせてご提供いたします。
background_image